朴槿恵被告判決 朴被告、控訴を放棄 2審もボイコットの意思表示か

 韓国で巨額の収賄罪などに問われ、1審・ソウル中央地裁判決で懲役24年、罰金180億ウォン(約18億円)を言い渡された前大統領、朴槿恵被告が16日、控訴を放棄する書面を地裁に提出した。検察が1審判決を不服として既に控訴しており、2審は行われる。朴被告は1審も昨秋から出廷しておらず、2審の出廷を拒否する意思を示したともみられている。(ソウル 桜井紀雄)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ