「一つ」でない豪州の中華系社会

 オーストラリア・シドニーの“中国人街”で、台湾人女性が「一つの中国」を理由に嫌がらせを受けたという件を取材するため、現地の商店を訪れた。仏頂面でレジに座っていた「老板娘(女性店主)」は、中国語(北京語)で話しかけると急に愛想が良くなり、中国大陸なまりの言葉であれこれ話してくれた。

 水を1本買ったせいかもしれないが、気を良くして次の店で高齢の男性店主に話しかけると、今度は要領を得ない。「中国語、話せないんですか」と聞くと、そうだと言う。

 しまった、そうだった。中華系団体幹部を取材した際も「親の出身地の広東語か英語しか話せない」と言われ、先方より下手な英語で質問したのを思い出した。店主は英語もできそうにない。もう1本増えた水を手に店を後にした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ