トランプ政権 イバンカ夫妻が式典出席か 米大使館エルサレム移転

 イスラエルのメディアは22日、同国政府当局者の話として、5月14日に予定されるエルサレムでの在イスラエル米大使館の開設式典に、米政権を代表してトランプ大統領の長女、イバンカ大統領補佐官と夫、クシュナー大統領上級顧問が出席する見通しだと伝えた。ムニューシン財務長官の参加も見込まれているという。

 トランプ氏は3月、米大使館のエルサレム移転に合わせイスラエル訪問を検討する考えを示したが、6月上旬までの開催が見込まれる史上初の米朝首脳会談への対応などを優先するため訪問を見送るとみられている。

 トランプ政権は昨年12月、エルサレムをイスラエルの首都と正式に認定。イスラエル建国70周年に当たる5月14日に、商都テルアビブにある米大使館をエルサレムに移転する計画だ。

 米国務省によると新たな大使館は当面、エルサレムのアルノナ地区にある総領事館の建物内に置き、大使と少人数の職員用執務室を設ける予定。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ