マクロン仏大統領、イラン核で「新合意」を提案 トランプ米大統領は基本的に同意も「破棄」めぐる方針は明確にせず

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は24日、国賓として迎えたフランスのマクロン大統領とホワイトハウスで首脳会談を行い、共同記者会見でイラン核合意の欠陥を重ねて指摘した。マクロン氏は「これからイランとの新しい合意に取り組みたい」とし、核合意を維持した上で弾道ミサイル開発の制限を含む新合意を目指すことを明らかにし、トランプ氏も基本的に同意した。

 トランプ氏は一定期間後に核開発の制限を解除することなどを問題視し、欧米など6カ国が2015年にイランと結んだ核合意破棄を含め、米国の制裁解除が期限を迎える5月12日までに方針を決める。マクロン氏は新合意の提案で米国に残留を促したとみられるが、イランやロシアなどが同意するかは不透明だ。

 マクロン氏は現在、25年に一部の制限措置が切れる核合意を「第1の柱」に、(1)25年以降の核開発(2)弾道ミサイル開発活動(3)中東地域での影響力-で新たな合意を目指すと述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ