「米朝首脳会談の日時・場所を調整中」トランプ氏

 トランプ米大統領は28日、ツイッターで、韓国の文在寅大統領と同日、電話会談したことを明らかにした上で、米朝首脳会談の準備は「極めて順調だ。日時と場所を調整している」と書き込んだ。韓国大統領府によると、電話会談は午後9時15分(日本時間)ごろから約1時間15分。トランプ氏は27日、米朝会談の場所を「2カ所に絞った」と述べていた。

 ダンフォード米統合参謀本部議長は同日、韓国の鄭(チョン)景(ギョン)斗(ドゥ)合同参謀本部議長と電話会談。統合参謀本部は声明で「米韓同盟は北東アジアの安定と平和の基軸だ」と強調した。

 一方、トランプ氏は同日、南北首脳会談での板門店宣言に「勇気づけられた」と評価した。6月にも見込まれる米朝首脳会談については「何か劇的なことが起きるかもしれない。北朝鮮とはいい接触ができており、状況は数カ月で激変した」として、建設的な議論ができることに期待を表明した。その上で「北朝鮮が非核化するまでは最大限の圧力を加え続ける」とも述べ、安易に制裁緩和には応じない方針を維持すると強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ