トランプ氏、板門店での開催検討示唆 米朝首脳会談めぐりツイート

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は30日、米朝首脳会談の開催場所について、韓国と北朝鮮の軍事境界線がある板門店を候補として検討していることを示唆した。

 トランプ氏は同日、ツイッターで「会談の開催場所として数多くの国が検討された」とした上で、「南北の境界(の韓国側)にある『平和の家』および『自由の家』の方が、第三国よりも代表的で重要で持続的な場所なのではないか?」と書き込んだ。

 ただ、トランプ氏は「尋ねているだけだ」とも書き加え、板門店が開催地に決定したわけではないことも強調した。

 米朝首脳会談の開催場所をめぐっては、これまでシンガポールやモンゴルのウランバートルなどが取り沙汰されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ