プラザ合意の老舗ホテル売却 トランプ氏も一時所有

 1985年に先進国がドル高是正で電撃的に合意した「プラザ合意」の舞台となったニューヨーク中心部の高級老舗ホテル、プラザホテルが6億ドル(約650億円)で資産家2人に売却されることが分かった。7日までに米メディアが報じた。

 1907年創業のプラザホテルは、セントラルパークに面した5番街の角に位置する。オーナーがたびたび交代しており、就任前のトランプ米大統領が所有していた時期もある。

 70%の株式を持つインド企業などが、ドバイに本拠を置く投資会社の創業者とニューヨークで不動産投資を手掛ける資産家の2人に売却することで合意した。取引は6月25日に完了するという。

 プラザホテルは2005年に改装のため一時閉鎖され、08年の営業再開までに多くの部屋が高級マンションとして分譲販売された。今回売却の対象となるのは、客室やレストラン、小売店舗など建物の一部となる。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ