トランプ氏、“第2の米国歌”の歌詞知らず?

 トランプ米大統領は5日、ホワイトハウスで開催予定だったプロフットボールNFLのスーパーボウル優勝チームを祝う行事を取りやめ、代わりに「米国を祝う行事」を開いた。国歌を斉唱、演説で「私たちは国を愛し、国旗に敬意を表し、国歌のため誇りを持って起立する」と愛国を訴えた。

 行事では米国第2の国歌ともいわれる「ゴッド・ブレス・アメリカ」も斉唱したが、トランプ氏は口を閉じることが多く、メディアからは「歌詞を知らないのではないか」と疑う声が出ている。

 優勝祝賀行事を巡っては、欠席の意向を示す選手が相次ぎ、トランプ氏は4日、初優勝したイーグルスへの招待を撤回した。トランプ氏がNFLの試合の国歌斉唱時に人種差別への抗議として片膝をついた選手を非難し、起立すべきだと主張したことに、選手らは反発していた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ