G7サミット トランプ米大統領「時間の無駄」と出席に不満 米朝首脳会談を控え 代理出席も検討と米紙

 【ケベックシティー=加納宏幸】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は7日、トランプ大統領が12日の米朝首脳会談に集中できなくなるとして、カナダ東部シャルルボワでの先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)出席に不満を漏らしていたと伝えた。一時はペンス副大統領の代理出席も検討されたという。

 トランプ氏は、米朝会談直前の8、9両日に鉄鋼・アルミニウムの輸入制限などで他国の批判を浴びることは「時間の無駄」であるとの認識を周囲に伝えた。

 トランプ氏は金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談を最重視している。サミットを前に、トランプ氏は議長国カナダのトルドー首相への怒りを募らせているという。トルドー氏は輸入制限を公然と批判し、報復措置を準備している。

 サミット参加国は閉幕時に共同声明を発表する方向で調整を進めているが、トランプ氏が同意しない可能性もあるとされる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ