米朝首脳会談 金正恩氏「シンガポールの知識と経験に学びたい」 北メディアが積極報道 そのわけは?

 【シンガポール=桜井紀雄】朝鮮中央通信など、北朝鮮メディアは12日、米朝首脳会談のため、シンガポールを訪れた金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が11日に市内の名所を観覧し、「多くの分野でシンガポールの立派な知識と経験を学ぼうと思う」と述べたと報じた。

 北朝鮮メディアは11日にも金正恩氏ら代表団一行のシンガポール入りを伝えており、外遊最中の最高指導者の動静を詳しく報じるという異例の報道を展開。米国を含めた海外に対し、開かれたイメージを作る狙いがあるとみられる。北朝鮮国内に向けても、今回の会談の重要さを印象付ける思惑もありそうだ。

 同通信は、バラクリシュナン外相らシンガポール政府側の案内で、船型の屋上に庭園やプールを備えた複合施設「マリーナベイ・サンズ」を一行と訪れた金正恩氏が、夜景を見下ろして「シンガポールは聞いていた通り、清潔で美しく、全ての建物に特色がある」と称賛したとも伝えた。

 港周辺を見て回り、同国の社会や経済発展の実態を把握したとし、「きょうの参観を通じてシンガポールの経済的潜在力と発展の姿をはっきりと知ることとなった」と語ったことにも触れた。米朝会談を通じて自国の経済発展を目指す姿勢を内外に示唆した形だ。

 同通信は、金英哲(ヨンチョル)党副委員長や妹の金与正(ヨジュン)氏ら同行者の名前も列挙した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ