米朝首脳会談 トランプ氏と金正恩氏は最初の握手は硬い表情 一対一の会談は40分間行う

 【シンガポール=吉村英輝、時吉達也】コロニアル調の白い壁に包まれた踊り場の赤絨毯の上に、トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長は、それぞれ両側の建物から同時に近づいた。12日午前9時4分。目をあわし、硬い表情のまま10秒ほど握手をしながら言葉を交した。5秒ほどの記念撮影で正面を向いた両氏の表情は硬いまま。トランプ氏が再び声をかけると、正恩氏に笑みが浮かんだ。史上初の米朝首脳会談の幕開けは、トランプ氏が主導する形で始まった。

 中継映像はその後、両氏が柱の陰で立ち話をし、再び短い拍手を交す様子を映した。通訳を従えて並んで廊下を進んだ両氏。トランプ氏に促され部屋に進んだ正恩氏は、親しみの笑みをトランプ氏に向けた。

 室内で腰掛け、代表取材陣に話すトランプ氏。横に座った正恩氏は、真剣なまなざしで見つめ、時折笑顔も見せた。

 続いて正恩氏が発言を終えると、トランプ氏は親指を立てて好意を示すなど打ち解けた雰囲気で、別室に進んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ