米朝首脳会談 金正恩委員長は上げ底靴着用?トランプ米大統領との身長差20センチ

 ニュースサイト「ビジネスインサイダー」は、4月27日に行われた南北首脳会談で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が自身の身長を高く見せるため、上げ底靴を履いていた可能性があるとの朝鮮日報の分析を紹介している。

 記事によると、金氏の靴には身長を高く見せるための中敷きが入っており、1~2インチ(1インチ=2.54センチ)ほど、実際の身長よりも高くなっていた可能性があるという。

 12日にシンガポールで実現した米朝首脳会談で初対面となったトランプ米大統領は身長が190センチある。韓国の大手紙、中央日報は、170センチほどとみられる金氏が会談で身長差が際立つことを嫌い、座ったままの写真撮影になる可能性を報じていた。

 実際にはトランプ氏と金氏は立った状態で約12秒間、握手を交わした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ