北の独裁者を褒めちぎって功を急ぐトランプ大統領の頭の中

金正恩氏を「素晴らしい人物」と評したトランプ氏(AFP=時事)

金正恩氏を「素晴らしい人物」と評したトランプ氏(AFP=時事)

 史上初の米朝首脳会談が成功裏に終了した。しかし、よくよく昨年の事を思い起こすと、トランプ大統領は戦略爆撃機や空母を朝鮮半島近海に展開して軍事的圧力を加え、さらにツイッターで「チビのロケットマン」などと金正恩委員長を侮辱する発言を連発していた。

 あれほどまでに互いを侮辱していたのに、首脳会談での二人は笑顔を絶やさなかった。普通の人間関係なら修復不能なレベルの侮辱の応酬だったのだが、互いに過去の発言を謝罪することなく笑顔になれるのは、トランプ氏にも金正恩氏にも、それぞれ打算が働いているからなのだろう。つまり、win-win(ウィンウィン)が成り立っているのだ。

 トランプ氏の金正恩氏に対する発言の変貌ぶりは、長期的な戦略のもとで熟慮しているものではないだろう。とても一貫した政治理念を持った人物によるものとは思えない。まさに「予測不能」なのだが、そのような発言や行動が大統領の権威を失墜させ、北朝鮮にバカにされていることに、米朝交渉で失敗を繰り返す前に気付くべきだろう。

 すべてはトランプ大統領の気分次第

 トランプ氏のこれまでの姿勢を見ていると、今後の交渉で何らかの合意に達したとしても、それを信頼してもよいのか疑問が生じる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ