トランプ政権 米露首脳会談の意向表明 7月のNATO首脳会議後に

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は27日、7月に欧州を歴訪するのに合わせてロシアのプーチン大統領と会談する考えを表明した。会談は7月11、12両日にブリュッセルで開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議後になるとし、開催地はフィンランドの首都ヘルシンキかオーストリアの首都ウィーンになる可能性があると述べた。ホワイトハウスで記者団の質問に答えた。

 トランプ氏は、ロシアでプーチン大統領と会談したボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の報告を待って、近く米露首脳会談の実施を正式に発表するとした。

 また、会談ではシリアやウクライナの情勢を協議するとし、「ロシアや中国と良い関係を築くことは世界にとって良いことだ」と強調し、プーチン氏との会談で「前向きな成果を引き出せる」との認識を示した。

 トランプ氏はNATO首脳会議後、英国でメイ首相との会談も予定している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ