中間選挙で与党共和党が多数維持 トランプ氏の元参謀役が予測

 2016年の米大統領選でトランプ大統領の参謀役だったスティーブン・バノン前首席戦略官は6月30日、ワシントンで河井克行自民党総裁外交特別補佐と会談し、11月の中間選挙では上下両院ともに与党共和党が多数派を維持するとの見方を示した。

 会談後、河井氏が記者団に明らかにした。バノン氏は中間選挙で共和党は下院で10議席減らすが過半数を維持、上院では数議席を上乗せすると予測。また、16年の大統領選で民主党候補クリントン氏が「哀れな集団」と呼んだ白人労働者らの声を代弁する政策を今後も遂行していきたいと語ったという。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ