トランプ米大統領「北朝鮮との交渉は順調」と強調 北に完全非核化の意思なしとの報道に対し

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は3日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に「完全非核化」の意思はないとする米情報機関の分析を引用した報道が相次いでいることに関し、ツイッターで「北朝鮮とは良好な話し合いを何度も重ねており、順調だ!」と反論した。

 トランプ氏は、北朝鮮が過去8カ月間にわたって弾道ミサイル発射や核実験を行っていないと指摘し、「アジア全域は大喜びしている」と強調。その上で、「不満を言い立てているのはフェイク(偽)ニュース(を流しているメディア)を含む野党勢力だけだ。私がいなければ今ごろは北朝鮮と戦争になっていた!」と主張した。

 これに対し、米紙ワシントン・ポストの外交問題を専門とするコラムニスト、ジョシュ・ローギン氏は3日、ツイッターで「事実を確認してみよう。間違いだ。日本政府は大喜びしているにはほど遠い」と指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ