劉霞さんがドイツ到着 無言で車に乗り空港離れる

 【ブリュッセル=宮下日出男】ノーベル平和賞を受賞した中国の民主活動家、故劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏の妻で、北京の自宅などで8年近くにわたり軟禁されていた劉霞(りゅう・か)さん(57)が10日、ベルリン市内のテーゲル空港に到着した。DPA通信などによると、劉霞さんは到着後すぐに用意された車に乗り、市中心部の方向に向かったという。

 劉霞さんは通常の到着ロビーとは別の出口を使い、車に乗るまで無言だったという。到着ロビーでは「劉霞さん、ようこそ」と書かれたプラカードを手にした支援者も集まっていた。

 マース外相は劉霞さんの到着を受け、「人道的な解決策が見つかり、すばらしい」とツイッターで強調。今後治療を受ける劉霞さんには「早期の回復を願っている」とした。

 劉霞さんと連絡を取り合っていた友人男性はDPA通信に対し、中国のドイツ大使館がこれまで定期的に劉霞さんと連絡を取っていたと説明し、5月のメルケル首相の中国訪問が劉霞さんの出国に「決定的に重要だったようだ」と述べた。劉霞さんも先週から出国が認められる可能性を認識していたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ