英女王と笑顔で握手 トランプ米大統領、失礼なく

 英国を訪問したトランプ米大統領は13日、メラニア夫人と共にロンドン郊外のウィンザー城でエリザベス女王と面会した。出迎えた女王から手を差し出されると、笑顔で握手を返した。

 型破りで不規則発言が多いトランプ氏と、外交儀礼に厳しい英王室との交流に注目が集まったが、つつがなく行事は終了。夫妻は女王とのティータイムも楽しんだもようだ。

 これに先立ち、トランプ氏はロンドン郊外の首相別荘でメイ首相と会談した。共同記者会見で米英の特別な関係は「最上級だ」と誇示した上で、英国の欧州連合(EU)離脱をにらみ米英が進める2国間の自由貿易協定(FTA)の締結に意欲を示した。

 トランプ氏はFTAについて「(離脱すれば)一緒に貿易ができる。それが重要だ。両国にとって素晴らしい機会になる」と強調。メイ氏は米国と「野心的な貿易協定」を追求することで一致したと述べた。

 トランプ氏は女王と面会後、母親の出身地である英北部スコットランドに空路で移動した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ