ロシアは米を標的にせず? トランプ氏発言で再び混乱

 トランプ米大統領は18日、ホワイトハウスで開いた閣議の冒頭、記者団から「ロシアは依然、米国を標的としているか」との質問が出た際、「ノー」と述べた。米メディアはトランプ氏が米情報機関の見解に反する発言をしたと一斉に報道。政権側は火消しに躍起になり、ロシアに関する発言を巡り再び混乱が起きた。

 トランプ氏は16日の米ロ首脳会談後の共同記者会見で、選挙介入を否定したロシアのプーチン大統領に同調したとして激しい非難を浴び、17日になって言い間違えがあったと釈明したばかり。大統領発言の信頼性が改めて揺らいでいる。

 米情報機関はロシアが2016年米大統領選に続き、今年11月の中間選挙にもサイバー攻撃で介入を試みる恐れがあると繰り返し警告。米メディアは閣議の直後、トランプ氏が16日の記者会見と同様に米情報機関の見方を否定したと報じた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ