米露首脳会談で何が語られた? 説明迫られるトランプ氏

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領による16日の米露首脳会談をめぐっては終了後の共同記者会見で語られていない「新事実」が明るみに出てきており、透明性を疑問視する声が閣僚からも出てきている。トランプ政権は19日、プーチン氏を今秋、ワシントンに招くと発表したが、それ以前に首脳会談で何が話し合われたかの説明責任を迫られている。

 プーチン氏はヘルシンキでの首脳会談で、オバマ前米政権のマクフォール元駐露大使ら外交官を露側で聴取する見返りに、ロシアによる米大統領選干渉疑惑をめぐり米国で起訴された露情報機関員12人の聴取を、同疑惑を捜査するモラー特別検察官に認めると提案。トランプ氏が検討すると回答したと米メディアが伝えている。

 サンダース大統領報道官は19日の声明で、プーチン氏の提案は「真摯(しんし)に」なされたものだとしつつも、トランプ氏はこの提案に同意していないと強調し、露情報機関員12人の引き渡しを求める考えを示した。

 トランプ氏は16日の首脳会談後の共同記者会見で、プーチン氏の提案に関して詳細な内容を明らかにせず、12人の捜査への露側の協力を「素晴らしい申し出だ」と述べていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ