一帯一路を旅するようにアジア~欧州へと伝播する中国への警戒&軽蔑

 【野口裕之の軍事情勢】

 ストレスがたまったときは、中国外務省報道官のコメントにじっと耳を傾けるようにしている。すると、あら不思議。怒りが次第次第に収まり、日曜日の夕方5時半の気分へと変化していく。「笑点の大喜利」と同じくらい笑わせてくれるのだ。米国が追加関税を課す22兆円相当の中国製品リストを公表後の11日、中国外務省の女性報道官は定例記者会見でニコリともせず、言い切った。

 「典型的な貿易覇権主義だ。中国は正当で合法的な権益を断固守る。一国主義と多国間主義、保護主義と自由貿易、強権とルールの戦いだ。中国は国際社会とともに歴史の正しい側に立ち、多角的貿易体制とルールを守る」

 「国際社会はともに努力し、一国主義を断固阻止。保護主義に反対し、多角的貿易体制と自由貿易ルールを守るべき。責任ある国の義務だ」

 「各国経済が相互依存し、盛衰をともにしている。時代遅れの『ゼロサムゲーム思考』を固守し、貿易戦争を仕掛けるのなら勝者はいない」

 ここまでしれっと言われると、腹が立つどころか、ヘソが茶を沸かす。報道官の対米批判が全て的外れとは言わないが、中国に批判する資格はゼロ。中国はあるときは経済大国として反り返り、あるときは途上国に成りすまして貿易・投資・金融上の恩恵を強引に引き寄せてきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ