トランプ氏「大規模制裁」表明 トルコは「脅迫を容認しない」と批判

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は26日、トルコが2016年10月から米国人牧師を収監してきたことを理由に「トルコに大規模な制裁を科す」とツイッターに書いた。牧師は無実だとして即時釈放を要求。牧師は25日に自宅軟禁措置に移され、緊張していた両国関係の改善の糸口になるとみられたが、トランプ氏は同盟国であるトルコのエルドアン政権への強硬姿勢を明確にした。

 これに対し、トルコのチャブシオール外相は26日、ツイッターで「何者もトルコに指図することはできず、脅迫を容認しない。例外なく法の支配が適用される」と米国を批判した。

 米国が釈放を求めているのはトルコ在住の米国人、アンドリュー・ブランソン牧師(50)で、トルコで16年7月に起きたクーデター未遂事件に関与したとして逮捕され、収監されてきた。牧師は無実を主張しているが、スパイ容疑などで有罪になれば最長で35年間、収監される可能性があるとされる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ