沈没ロシア軍艦は「宝の船」か 韓国で発見めぐり大騒動に

 【軍事ワールド】

 日露戦争の雌雄を決した日本海海戦(1905年)で自沈したロシア戦艦「ドミトリー・ドンスコイ」を韓国の新興企業「シンイル・グループ」が発見したとのニュースが今月中旬に流れた。シンイル・グループは同船に約15兆円相当の金塊が積まれていたとし、「お宝」の引き上げにも言及したが、韓国内でお宝の所有権や引き上げ資金の集め方をめぐり大騒動に発展。「詐欺ではないか」との疑惑も噴出している。(岡田敏彦)

 沈没戦艦の探索

 ドミトリー・ドンスコイは1883年に進水、3年後に就役した装甲艦。日露戦争時にはバルチック艦隊に所属し、ロシア本国から半年かけて日本海へ投入された。他艦が次々と沈没するなか奮闘し、最後は日本の降伏勧告も受け入れることなく鬱陵(ウルルン)島付近で自沈した。

 それから113年たった今年7月17日、韓国のシンイル・グループがドミトリー・ドンスコイを発見したと発表した。ロイター通信やAFP通信によると、同社は「『宝船』とされるロシアの軍艦を発見したと発表」。水深約425メートルの海底でみつけたというもので、キリル文字でドミトリー・ドンスコイの艦名が記されたプレートがはめられた沈没船の写真も発表し「世界で唯一の発見者」だと主張した。またCNNなどに対してシンイル・グループは「当局に届け出たうえで海上にひきあげる」との方針を示した。

 沈没した軍艦の探査、発見は近年、マイクロソフト共同設立者のポール・アレン氏がフィリピン沖で第二次大戦時の戦艦「武蔵」を発見するなど大きな注目を浴びている。海外でもドイツ潜水艦「Uボート」の沈没位置の特定などがダイバーたちによってなされてきた。そこには当時を生きた人々への追悼や、歴史の謎を解き明かす夢とロマンがあった。そしてこのドミトリー・ドンスコイ探索にもあるはずだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ