3D銃訴訟の原告が19州に トランプ政権相手取り

 米西部ワシントン州などが同州シアトルの連邦地裁に、インターネット上での3Dプリンターを使った銃の製造方法のデータ公開を禁じるよう求めた訴訟で、西部カリフォルニア州やハワイ州などが3日までに原告に加わった。トランプ政権を相手取ったのは計19州と首都ワシントンとなった。AP通信などが伝えた。

 ワシントン州など8州などが7月30日に起こした提訴を受け、連邦地裁は翌31日、データ公開の一時差し止めを命じた。8月21日に審理が予定されている。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ