北朝鮮の核施設で冷却システムの改修続く 米38ノース分析

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」は9日、北朝鮮北西部寧辺(ニョンビョン)の核施設で、黒鉛減速炉の2次冷却システムの改修工事が続いている可能性が高いとする商業衛星画像(7月31日撮影)に基づく分析結果を発表した。トランプ米政権との非核化をめぐる交渉に目立った進展が見られない中で、北朝鮮が核施設での整備作業を継続しているものとみられる。

 同サイトは、黒鉛減速炉の冷却システムのパイプからの排水が少量であることから、同炉は現在稼働しておらず、前回稼働した際の余熱を除去する作業が行われていると分析している。

 また、冷却システムに連なる冷却水くみ上げ施設の横を流れる川では浚渫(しゅんせつ)作業が続いており、予定していた改修工事が終わっていないか、さらなる改修作業を行っている可能性があるとした。

 さらに、黒鉛減速炉と、隣接する実験用軽水炉の周辺では車両の出入りが続いているものの、軽水炉が稼働を開始したという明確な兆候はないとしている。

 一方、核兵器の原料となるプルトニウムを抽出する再処理施設での活動は低調にとどまっているとした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ