口止め料支払い「後で知った」 トランプ氏、元顧問弁護士に反論

 トランプ米大統領は22日、元顧問弁護士コーエン被告が女性問題で口止め料を支払うようトランプ氏に指示されたと証言したことについて、FOXニュースのインタビューで口止め料の支払いは「後になって知った」と反論した。被告の証言をきっかけにトランプ氏周辺の捜査が活発化。議会ではトランプ氏を非難する声が相次いだ。

 AP通信によると、東部ニューヨーク州の当局は22日、トランプ氏が実業家時代に設立した慈善団体「トランプ財団」の納税に関して調べるため、コーエン被告に召喚状を出し、証言を求めた。財団の運用に不正があったとの疑惑は2016年大統領選中に浮上。捜査の進展はトランプ氏に打撃となる。

 サンダース大統領報道官は22日の記者会見で「大統領は悪いことを何もしていない」と繰り返したが、野党民主党の議員らはトランプ氏が違法な口止め料支払いを指示して犯罪に関与したと非難。事態の重大性を考慮して、トランプ氏が連邦最高裁判事に指名したカバノー氏の人事承認手続きを延期するよう求めた。

 トランプ氏は側近だったコーエン被告が「(司法)取引のために話をねつ造した」とツイッターで主張。被告が認めた選挙資金に関する法律違反は「犯罪ではない」と根拠を示さずに訴えた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ