米司法長官がトランプ氏に反論 露疑惑捜査めぐり異例の応酬

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は23日に放送された米FOXニュースのインタビューで、ロシアの米大統領選干渉疑惑の捜査が続いていることで、セッションズ司法長官が司法省を掌握できていないと指摘した。これに対し、セッションズ氏はトランプ氏の主張に強く反論し、大統領と主要閣僚の一人が批判し合う異例の事態に陥っている。

 セッションズ氏は大統領選のトランプ陣営幹部だった際に駐米ロシア大使と接触したことを理由に、ロシア疑惑の捜査への関与を辞退している。トランプ氏は、これが疑惑捜査に当たるモラー特別捜査官の昨年5月の任命につながったと考え、セッションズ氏が捜査を中止させるべきだとツイッターで主張するなど批判を繰り返してきた。

 トランプ氏はFOX番組でも、「セッションズ氏は司法省を掌握していない。信じがたい」と強く批判した。また、同氏を起用したのは「忠誠心」だけが理由だったとし、捜査への関与を辞退するのであれば指名前に自らに伝えるべきだったと不満を漏らした。解任するかについては、明言しなかった。

 これに対し、セッションズ氏は23日に発表した声明で、「私は司法長官に就任した日から司法省を掌握し、米国民の安全や権利を守るという大統領の政策実現に前例のない成功を収めてきた」と反論。「司法省の活動が政治的な配慮によって不適切に影響されることはない」とも強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ