フィリピン台風 死者59人、不明多数

 【シンガポール=吉村英輝】フィリピン当局は16日、北部ルソン島を15日に横断した、大型で非常に強い台風22号に伴う土砂崩れなどで、少なくとも59人が死亡、16人が行方不明になったと発表した。AP通信などが伝えた。地元メディアによると、約80人が行方不明との情報もある。

 犠牲者の多くは、ルソン島北部の山間部に集中し、大半が土砂崩れに巻き込まれたという。台風で道路や通信網が遮断された場所もあり、救助当局が被害の全容を把握するまでには数日以上かかるとの指摘もある。今後、犠牲者がさらに増える恐れもある。

 台風22号は16日、香港の南海上を進んだ。香港では高潮などに備えて避難措置がとられ、多くの航空便が欠航するなどした。

 日本の気象庁によると、16日午後3時現在、台風22号は時速35キロで西北西に進み、中心気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ