激動・朝鮮半島 ポンペオ米国務長官、2回目の米朝首脳会談を「準備中」「作業が少し残っている」

 【ワシントン=黒瀬悦成】ポンペオ米国務長官は21日、FOXニュースの報道番組に出演し、北朝鮮の核問題をめぐる2回目の米朝首脳会談について「準備を進めている」とした上で、「適切な条件を整え、両首脳が実質的な進展に向けた立場を見いだすための作業が少し残されている」と述べた。

 ポンペオ氏はまた、NBCテレビの報道番組で「あまり遠くない将来」に2回目の首脳会談が実現することに期待を示し、同氏自身も首脳会談に先立って平壌を再訪問し、首脳会談の条件整備を進めたい意向を表明した。

 首脳会談の具体的な時期には言及しなかった。

 ポンペオ氏はNBCに、今月の平壌での南北首脳会談を「(非核化に向けての)重要な一歩だった」と評価し、米国としても「忍耐と決意」をもって北朝鮮の非核化を達成させたいと強調した。

 ポンペオ氏は一方で、「北朝鮮に対する経済制裁は、北朝鮮が最終的に非核化するまで維持される」と改めて指摘し、南北融和を推進する韓国などが独断で対北圧力の緩和に踏み切らないよう暗に警告した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ