金正恩氏「必ずや大きな前進」 米朝会談、北メディアが協議過程を異例報道

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が7日に訪朝したポンペオ米国務長官と会談したことを報じた。2回目の米朝首脳会談に向けた実務協議の早期開催で合意したとし、金氏が、再会談を契機に「全世界の焦眉の関心事となる問題の解決などで必ずや大きな前進が遂げられるだろうという意志と確信」を表明したと伝えた。

 北朝鮮メディアが確定していない首脳会談の協議過程を詳細に報じるのは異例。トランプ政権への融和姿勢を演出し、膠着(こうちゃく)した対米交渉の打開に向けて金氏が強い意欲を示す米朝首脳再会談を既成事実化する狙いがあるとみられる。

 金氏は、6月の首脳会談の合意履行で「進展が遂げられている」ことを評価。トランプ大統領に対しても、合意履行に向け「真心込めた努力を傾けている」と謝意を示した。

 党機関紙、労働新聞も8日、ポンペオ氏訪朝を1面で報じ、金氏と笑顔で握手する写真を掲載した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ