台湾が離島観光をアピール 中国客減少で日本や欧米から呼び込み狙う

 台湾が台湾本島以外の離島観光のアピールに力を入れている。9月下旬には台湾海峡の離島、澎湖諸島の馬公市で国際的な非政府組織(NGO)の年次総会を開き、豊かな観光資源を世界に向けて発信した。蔡英文政権発足後、中国からの観光客数が大きく減る中で、日本や欧米など幅広い地域から観光客を呼び込みたいとの狙いがあるようだ。(馬公 三塚聖平)

 「澎湖の美しさは、今では世界でも認められている」。9月27日、馬公市内で開かれた「世界で最も美しい湾クラブ」の関連イベントで、蔡総統が各国からの来賓を前に強調した。

 同クラブはフランスのバンヌに本部を置くNGO団体で、今年4月現在で日本を含む26カ国・地域の43湾が加盟する。澎湖は2012年にメンバーとして認められ、今回初めて総会開催地に選ばれた。来年には富山県で総会が開かれるため、日本からの参加者の姿も多く見られた。

 澎湖は台北から飛行機で1時間弱の場所に位置し、大小あわせて90の島で構成されている。ビーチや伝統的な集落、特色ある地形を紹介する公園、新鮮な海鮮料理など多様な観光資源を抱え、台湾でも人気の観光地のひとつだ。澎湖の陳光復県長(知事に相当)は「今回のイベントを通じて世界に澎湖を見てもらいたい」と意気込みを語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ