2度目の米朝首脳会談「来年早々に」 トランプ氏

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は7日、ホワイトハウスで記者会見し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との2度目の首脳会談の時期について「来年早々になるだろう」との見通しを明らかにした上で、米朝首脳が合意した北朝鮮の完全非核化に関し「全く急いでいない」と改めて強調した。

 米朝交渉をめぐっては、ニューヨークで8日に予定されていたポンペオ国務長官と金英哲(ヨンチョル)党副委員長の会談が直前に延期された。

 国務省のパラディーノ副報道官は7日の記者会見で「日程調整がつかなかった」と説明したが、核実験場の坑道爆破などの「非核化措置」への見返りを求める北朝鮮と、核戦力や核施設のリスト開示や査察を求める米国との溝が埋まっていない可能性もある。

 トランプ氏は、ポンペオ氏と金英哲氏との会談について「別の日に行う。北朝鮮との交渉には非常に満足している」と強調。北朝鮮が制裁解除を求めていることについては「北朝鮮がやっていないことがある」と述べ、北朝鮮の完全非核化まで制裁圧力を緩和しない意向を改めて表明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ