米ロサンゼルス郊外のバーで銃乱射 死者少なくとも12人

 【メキシコ市=住井亨介】米西部カリフォルニア州ロサンゼルス郊外のサウザンドオークスにあるレストラン兼バーで7日深夜、銃の乱射事件が起き、警察官1人を含む少なくとも12人が死亡した。他にも十数人の負傷者が出ているもようだ。容疑者とみられる男は現場で死亡しているのが確認された。地元メディアなどが伝えた。

 ロサンゼルス・タイムズ(電子版)によると、捜査当局は、男は28歳の元米海兵隊員だと明らかにした。動機は不明だが、現時点でテロとの関連性はみられないという。拳銃と発煙筒を所持していた。

 バーでは大学生による音楽イベントが開かれ、事件当時は数百人が店内におり、目撃者によると、男は発煙筒を投げ入れてから銃を約30発乱射し、駆け付けた警察当局と銃撃戦になった。帽子、黒いジャケット姿で無言で乱射したという。

 在ロサンゼルス日本総領事館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。現場はロサンゼルスから西へ約65キロ。住宅街や大学などに近い。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ