カナダ外相、ファーウェイ事件で米の捜査への介入拒否

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国、カナダ両政府は14日、ワシントンで外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を開き、中国が同国の通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)の逮捕に反発してカナダ人2人を拘束したことに関する懸念を共有し、対応策を協議した。

 ポンペオ国務長官は協議後の共同記者会見で、孟容疑者の米国への身柄引き渡しについて「手続きが進められている」と述べた。ポンペオ氏はまた、「不法な拘束は容認できない」と述べ、中国にカナダ人2人の早期解放を要求した。

 一方、カナダのフリーランド外相は「協議では法の支配を尊重することが最も重要との認識で一致した」とした上で、「司法手続きは政治とは無関係だ。身柄引き渡しを政治化し、他の問題を解決する道具にするべきではない」と強調。トランプ大統領が中国との貿易協議を米国に有利に展開できるのであれば捜査に介入する意向を示したのを拒絶する立場を打ち出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ