岩屋防衛相抗議に「行き過ぎ」 レーダー照射で韓国側

 韓国海軍艦艇が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題を巡り、22日付の韓国紙、朝鮮日報は、韓国側が故意に狙ったものではないと説明したのに岩屋毅防衛相が記者会見で抗議の意思を示したとして、韓国軍関係者が「多少行き過ぎた反応だ」と指摘したと報じた。

 韓国メディアは韓国国防省関係者の話を基に、レーダーは20日、海上で遭難した北朝鮮船を捜索するために使用されていたと報じている。

 朝鮮日報は、レーダーの範囲内に偶然、哨戒機が入ってきたとの韓国側見解を伝えた。日本の排他的経済水域(EEZ)内で発生したと日本側が説明していることに対し「両国のEEZの中間水域内で起きた」とする反論も報じた。またハンギョレ新聞電子版は、レーダー照射翌日の21日に防衛相が記者会見したことで「(日本側は)外交問題とする意図を明らかにした」と指摘した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ