日韓局長級協議 レーダー照射で双方が「遺憾の意」 徴用工問題も議論

 【ソウル=名村隆寛】韓国を訪問中の外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は24日、ソウルの韓国外務省で金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長と会談。いわゆる元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁判決への対応や、韓国海軍艦艇による海上自衛隊機への火器管制レーダー照射問題などについて、日韓双方の防衛当局者も同席して協議した。

 レーダー照射問題について、金杉氏は遺憾の意を伝え、再発防止を要求。韓国外務省当局者によると、韓国側はこれに対し、「日本側が事実関係を確認せず発表し、主張をしている」と遺憾の意を表明した。議論は平行線をたどった。

 金杉氏によると、日本側は会談で、いわゆる徴用工に関する判決を受け入れられないとする日本の立場を改めて伝えた。韓国側は新たな対応策を示さなかったという。

 判決をめぐっては、原告側が、韓国内にある新日鉄住金の資産を差し押さえる手続きを始める可能性が出ている。金杉氏は「強制執行が日韓関係にこれ以上、負担をかけるべきではないという共通認識が韓国側にはあった」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ