レーダー照射「張り詰め平行線」日韓協議

 【ソウル=名村隆寛】韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題をめぐり、日韓防衛当局は14日、シンガポールで実務者協議を行った。防衛省と韓国国防省が発表した。

 協議は、午前に韓国大使館で、午後に日本大使館で進められた。韓国国防省によれば、「双方は主要な争点について事実関係と自国の立場を詳しく説明した」という。同省関係者によると、協議では意見の隔たりが大きく、聯合ニュースは関係者の話として「協議は張り詰め、平行線をたどった」とし、日本側から証拠となる電磁波情報が提示されなかったと報じた。

 防衛当局の実務者は昨年12月27日にもテレビ会議を行った。韓国側は、北朝鮮の遭難船舶を救助するためにレーダーを使用したと反論し、火器管制レーダー照射を否定。また、海自哨戒機が駆逐艦に対し低空威嚇飛行したと批判している。

【関連記事】

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ