変容する韓国軍レーダー照射から見える「日韓関係絶望」

反日無罪

 大国の侵略に小国が抗(あらが)うためなら、嘘も約束破りも戦略や戦術のうちという考えは、悪とは決めつけられまい。ただ、これはあくまで戦時のことで、平時に敵でもない国家との約束を反故(ほご)にするのは論外だ。だが、現在の韓国では「反日無罪」ともいえる考え方が支配的だ。

 日韓併合を「植民地化」「日帝強占」(大日本帝国により強制的に占領されたという意味)などと言い換え、併合を求めた当時の韓国最大政党「一進会」は国賊扱いで切り捨てられている。戦後の日本による莫大(ばくだい)な経済援助も全く評価しない。どの国の歴史にも明暗はあるものだが、韓国では子供の歴史教科書ですら暗部をすべて日本の責任としている。

 こうした事情に明るい「知韓派」や韓国ウオッチャーにとっては、今回の火器管制レーダー照射問題や徴用工問題も、反日理論で約束を反故にする「いつもの韓国」といったステレオタイプな見方で説明づけることもできよう。だが、今回ばかりは違うのだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ