英皇太子の慈善団体もファーウェイからの寄付拒否

 【ロンドン=岡部伸】ロイター通信によると、英国のチャールズ皇太子が設立した慈善団体「プリンスズ・トラスト」は24日までに、中国の通信大手、華為技術(ファーウェイ)からの寄付を拒否する方針を決めた。安全保障上の懸念からファーウェイ製品の排除が世界で広がっており、同団体は「国民の懸念」を理由に寄付停止を決めた。

 同団体は1976年から失業中の若者らの就業支援活動を行い、2007年以降、同社から49万ポンド(約7千万円)の寄付を受けた。

 英国では、英秘密情報部(SIS、通称MI6)のアレックス・ヤンガー長官やウィリアムソン国防相が、第5世代(5G)移動通信システムにファーウェイが参入すれば、通信システムを通じて中国のスパイ活動が可能になるとの懸念を示している。オックスフォード大も寄付や資金援助受け入れを拒否すると発表するなどファーウェイ排除が相次いでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ