EU、華為使用禁止を検討か ロイター報道

 【ベルリン=宮下日出男】ロイター通信は30日、欧州連合(EU)が高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムの域内整備をめぐり、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の機器などの使用を事実上禁じる措置を検討していると報じた。複数の関係筋の話として伝えた。

 報道によると、EUの欧州委員会は重要なインフラ整備に適切な安全対策を求めるサイバー関連法の対象に5Gネットワークを含めたり、公的調達に関する法律を修正したりする方法を検討している。

 欧州委は内部文書で、EUが華為の機器を排除する背景として、国民や国内組織に国家の情報活動への協力を求める中国の「国家情報法」施行などに言及。スパイ容疑で華為の現地支店幹部を逮捕したポーランドもEUとしての対応を働きかけているもようだ。

 欧州委の検討はまだ初期段階にあるとされ、欧州委が提案しても、加盟国の承認が必要。このため実現には時間がかかり、難航する可能性もあるとされる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ