米艦2隻が南シナ海で「航行の自由」作戦 第7艦隊発表

 【ワシントン=黒瀬悦成】米第7艦隊は11日、米海軍のイージス駆逐艦「スプルーアンス」と「プレブル」が南シナ海で「航行の自由」作戦を実施したと発表した。

 艦隊報道官が声明で明らかにしたところによると、2隻は中国が複数の人工島に軍事拠点を構築したスプラトリー(中国名・南沙)諸島から12カイリ以内を航行。作戦の目的は「(中国の)度を超した海洋分野での主張に異議を申し立て、国際法により管理された水路の通航を維持するため」としている。

 報道官はその上で「米国は国際法で許されたあらゆる場所で飛行し、航行し、作戦行動を実施する。この方針は世界中の他の場所と同様、南シナ海にも当てはまる」と強調した。

 さらに「これまでと同様、今後も航行の自由作戦を定期的かつ恒常的に実施していく」と指摘したほか、「作戦は特定の1国を対象としておらず、政治的声明を行っているわけでもない」とし、作戦に反発する中国の主張を意に介さない立場を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ