北朝鮮、正恩氏出発を報道 列車で中国移動、妹ら同行

(修正前: 【北京共同】ベトナム・ハノイで開かれる米朝首脳会談に出席する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は24日、中国国内を特別列車で移動したとみられる。中国の習近平国家主席と会談するかどうかなど、金氏の動向に注目が集まっている。 中国当局は沿線各地で警備を強化し、特別列車の安全を確保しているとみられる。ベトナム入りする途中や帰途で、後ろ盾である習氏と会談する可能性が取り沙汰されている。) 【ハノイ、北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、金正恩朝鮮労働党委員長が23日午後、ベトナムの首都ハノイで開かれる米朝首脳再会談のため平壌駅を専用列車で出発したと報じた。列車で中国国内を移動しているとみられ、中国の習近平国家主席と会談するかどうかなど、金氏の動向に注目が集まっている。 朝鮮中央通信によると、金英哲党副委員長や妹の金与正党第1副部長らが同行している。 中国当局は沿線各地で警備を強化し、特別列車の安全を確保しているとみられる。ベトナム入りする途中や帰途で、後ろ盾である習氏と会談する可能性が取り沙汰されている。

 金氏を乗せたとみられる特別列車は23日夜、国境を越えて中国の遼寧省丹東市に入った。

 ベトナムまで全行程を列車で移動した場合は3日程度かかるとされ、途中で飛行機を使う可能性もある。中国とロシアの国営メディアは23日、金氏が同日、ハノイに向け特別列車で平壌を出発したと報じていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ