EU、英の離脱延期安易に認めず 長期延長論も

 【ブダペスト=宮下日出男】英国の下院が29日の欧州連合(EU)離脱の延期を求める動議を可決したことで、今後はEUの対応も焦点となる。延長には混迷打開の明確な道筋が必要として、EUは安易に認めないとの構えを強めており、離脱戦略の再考を英国に迫る可能性もある。強硬姿勢が「合意なき離脱」を招く可能性は否めず、難しい議論となりそうだ。

 「(延期の)要請があれば27加盟国首脳が理由と期間を考慮して検討する」。欧州委員会報道官は14日、英下院で離脱延期が可決された後、こう強調した。

 延長決定には英国を除く加盟国の全会一致の承認が必要で、EUは要請があれば21、22日の首脳会議で協議する見通し。メイ英首相は3度目の離脱協定案の採決で可決されれば、6月30日まで延期を求める考えだが、否決時の対応を示しておらず、なお英国の動向を見極める必要がある。

 ただ、延期を議論する場合も、「何のためか」(バルニエ首席交渉官)と目的などの明示を求める声は強い。EUは協定案の再交渉を拒否する姿勢を崩しておらず、英側に他に膠着(こうちゃく)打開の具体策がなければ、離脱をめぐる不透明な状況を引きずると警戒しているためだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ