エリザベス英女王93歳に 国民敬愛、皇室と交流深化

 英国のエリザベス女王は21日、93歳の誕生日を迎えた。欧州連合(EU)離脱問題で英社会の分断が進む中、国民から広く敬愛されている。在位67年、日本の皇室と親交を重ねてきた女王は、5月に新天皇に即位する皇太子さまとの間でも関係をさらに深める。

 英国は国民投票で決まったEU離脱が延期され、混迷が続く。女王は政治的中立を保ち、離脱問題について立場を明らかにしていないが、昨年のクリスマスのビデオメッセージでは「意見の違いがあっても、同じ人間として敬意を持って他人に対応する」よう呼び掛けた。

 負担軽減のため公務を徐々に減らしているが、王室行事などで元気そうな姿を見せている。

 女王は父のジョージ6世の死去を受けて1952年に即位した。存命中の世界の君主でも最高齢記録を更新中。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ