米高校乱射20年で追悼 被害者母「今でも帰宅して来るような」 銃規制議論は低調

 米西部コロラド州のコロンバイン高校で生徒12人、教員1人が殺害された1999年4月の銃乱射事件から20年を迎えた20日、同校近くで当時の生徒や関係者らが犠牲者を追悼した。米各地でも同日までに、学校の安全対策などを話し合う集会が相次いで開かれた。

 米国では銃規制強化を求める声が上がるが、トランプ政権や共和党は消極的で議論は低調のまま。学校側は警備員や金属探知機の設置で自衛策を強めている。

 被害者の母親は式典で、「あの子が今でも帰宅するような気持ちを抱きながら20年が過ぎた」として、繰り返される銃犯罪に胸を痛めいていると語った。数日前にも女子高校生がコロンバイン高近くで同様の事件を起こそうとしたが、当局に追い詰められ自殺した。

 99年の銃乱射事件では、男子生徒2人が黒いトレンチコート姿で銃を乱射した後、自殺した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ