米国務長官、対ファーウェイで英政権の姿勢批判

 【ベルファスト=板東和正】ポンペオ米国務長官は8日、ロンドンで演説し、中国と中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対するメイ英政権の姿勢を批判した。英国初の女性首相を務めたサッチャー氏を引き合いに出し、サッチャー元首相は中国に対し、より強硬な姿勢を取っていたと指摘した。

 メイ氏は、サッチャー元首相に続く2人目の女性首相。英デーリー・テレグラフ紙などによると、メイ氏は次世代の第5世代(5G)移動通信システムに華為製品を一部で使用する方針。華為製品を認めるかどうか近く、最終的な判断をするとみられている。華為製品をめぐっては、米国が機密漏洩(ろうえい)などを警戒し、欧州など同盟諸国に5Gの通信網整備で排除を求めていた。

 ポンペオ氏は演説で「中国が汚職や強要によって国家の主権を侵害するとき、『鉄の女』(サッチャー氏の異名)は沈黙するだろうか」と問いかけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ