香港・九竜で23万人デモ 高速鉄道駅厳戒

 香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡り、中国人観光客の多い香港・九竜地区の繁華街で7日、大規模な反対デモが行われ、主催者発表で「23万人以上」が参加した。警察発表は5万6千人。中国当局が情報を統制している本土の人々に、改正案反対のメッセージを伝えるのが狙い。デモ隊は、香港と本土を結ぶ高速鉄道の「西九竜駅」に向けて行進した。

 デモは通信アプリ上で呼び掛けられた。ルートとなったチムサチョイ(尖沙咀)は、中国本土や日本など各国の観光客が買い物に訪れる場所で、警察は不測の事態に備えて約2千人の厳戒態勢を敷いた。九竜地区での改正案反対デモは初めて。7日夜(日本時間同)までに、大きな混乱は起きていない。

 昨年9月にオープンした西九竜駅には、中国の出入境施設などが設置されており、中国の職員が中国側の管轄区域で中国の法律に基づき業務を行っている。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ