竹島上空で韓国軍警告射撃 ロシア軍機が「領空侵犯」

 韓国軍合同参謀本部は23日午前、ロシア軍機が領空侵犯したため、島根県・竹島(韓国名・独島)周辺で韓国軍の戦闘機が警告射撃したと明らかにした。中国軍機も同日、韓国の防空識別圏内に入ったという。

 竹島は韓国が実効支配している。参謀本部によると、ロシア軍機の韓国領空侵犯は初めて。中国軍と行動を共にするような飛行も異例で、同本部などが意図の分析を急いでいる。

 韓国国防省と外務省は同日午後、ソウルのロシアと中国の大使館の関係者を呼び、それぞれ領空侵犯と防空識別圏進入に抗議する予定。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ