正恩氏が新型ロケット砲試射を視察と北、韓国軍の分析と違い

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は1日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が7月31日、新型の大口径制御多連装ロケット砲の試射を視察したと報じた。韓国軍は31日、北朝鮮が東部、元山葛麻(ウォンサンカルマ)付近から短距離弾道ミサイル2発を発射したと発表したが、弾道ミサイルではなく、ロケット砲だった可能性がある。

 同通信は、砲兵近代化の戦略方針に従って開発された「地上軍事作戦の主役となる」新型制御ロケット弾の初の試験射撃だと説明した。ただ、1面で視察を伝えた党機関紙、労働新聞もロケット砲の写真を掲載しなかった。

 金氏は試射後に「実に大したものだ」と評価。「この兵器の的となる勢力には、本日の試射結果が振り払いがたい悩みの種となるだろう」と述べたという。

 韓国に向けた発言とみられるが、韓国に警告するための「武力示威」だとした7月25日の新型短距離弾道ミサイルの発射と違って名指しはせず、今回は「試験射撃」にとどまっている。

 韓国軍は、2発の弾道ミサイルが日本海に向けて発射され、高度約30キロで、約250キロ飛行したと分析していた。性能が向上し、射程が伸びた北朝鮮のロケット弾は、軌道だけでは短距離弾道ミサイルとの違いを識別するのが難しいとされる。

 北朝鮮が弾道ミサイルと類似したロケット砲の試射によって、米韓当局の探知能力を探るとともに、米韓の混乱を狙った可能性も否定できない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ