香港空港、混乱続く 日本便含め多数欠航

 香港の「逃亡犯条例」改正案を巡る抗議活動を受け、香港の航空当局が12日夕方以降のほぼ全便を欠航とした影響で、香港国際空港では13日も欠航が相次いだ。朝には空港業務が再開されたものの、香港メディアは200便以上に上る多数の欠航が決まったと伝えており、混乱が続いた。空港のサイトによると羽田や成田、関西空港発着便も含まれる。

 香港メディアによると、会員制交流サイト(SNS)では13日以降も空港での集会が呼び掛けられた。一部若者は12日から徹夜で座り込みを行った。

 12日午後の全面的な欠航に続き空港が再び機能停止に陥れば、国際都市として香港の信用が低下し、観光業など経済に大きな影響が出る恐れがある。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ